2008年06月06日


Wiiの次は早く来る?

任天堂のWiiって魅力いっぱいの良いマシンなんですよ。でも、今の実情はその魅力をうまく生かせてない気も…。すごろーの予想では、Wiiの次世代機って想像するよりも早く発売されちゃうんじゃないかな。今日は、そんなお話です。


 
  次世代ゲーム機と言われて早数年

ソニー、任天堂、マイクロソフトによる、据え置き型次世代ゲーム機の闘いは、今も続いているわけですが、今のところ任天堂のWiiの一番普及率が高いです。ただ、国内での売り上げは少しずつ下がってきていて、ソニーのPS3やマイクロソフトのXbox360などは少し売れ始めていたり。

もうみんな、Wiiは遊んで、遊んで、遊び尽きちゃったんでしょうか。もちろん、任天堂自身が、Wiiでやりたい事って言うのは、きっともっとたくさんあって、まだ様子を見たり、開発を続けたりしている最中なのかもしれません。

でも、気になるのは、Wiiの前の機種「ゲームキューブ」のこと。ゲームキューブは性能が良い機械だったのだけど、ソニーのPS2(PlayStation2)に普及率の数字上で完敗していました。もちろん、たくさん売れたり、一位になったらゲーム機が成功したと言うわけじゃないんですけど、現実的にソフトがあまり揃わなかったのも事実です。


  丸見えかも…?

ゲームキューブがまだ現役だった頃に、次世代ゲーム機として「Wii」の発表があり、当時ゲームキューブで発売予定だったソフトのいくつかが、ゲームキューブではなくWiiで発売するように変更された事がありました。ゲームキューブのソフトを出しても、もうユーザーがいなくて、売れない事、採算が取れない事がわかっていたからでしょう。

すごろーが、Wiiの次のゲーム機が早く来るんじゃないかと考えるのには、理由があります。Wiiは、ネットワーク(インターネット)につなぐ事によって、より楽しめるシステムになっていて、ユーザーが遊んだゲームの回数や、時間なども統計がとられ、しかもユーザーに公表されるシステムです。

つまり、もしWiiが、ゲームキューブの最後の時と同じような状態に陥った時、任天堂は、Wiiの売れていない、遊ばれていない状態を素直に公表できるのでしょうか? また、その状態を長く続けられるでしょうか? いえいえ、へたをすれば、株価などにも大きな影響を与えてしまうかもしれません。


  社長も飽きられるのを常に心配しています

任天堂の岩田社長は、随分前から「Wiiはいずれ飽きられる」と言っています。Wiiは、「Wiiリモコン」と言う特徴的な機能を持っているがゆえに、逆に言えば、それに飽きられたら次がないのです。

もちろん、「Wii Fit」に付属していた「バランスWiiボード」のような後付のオプションを発売し、間を持たせることもできるでしょう。でも、Wiiと言うゲーム機そのものの魅力に飽きてしまったら、その時はやはりゲーム機の役目を終えなくてはいけなくなるでしょう。

任天堂としては、「誰も遊ばれていないんですよ」、と言う事を公表しているゲーム機にはしたくないでしょう。だとすれば、そういう兆候が現れる前に、新しいゲーム機を用意するのではないかと思うのです。

ゲーム機に進化は、つねに止まる事がありません。Wiiの発売かそれより以前には、すでにWiiの次のゲーム機の開発は始まっていると言う話です。

Wiiに飽きられるのが先なのか、それとも、新しいゲーム機が出るのが先なのでしょうか…?


【広告】 重さ80g。任天堂カラーゲーム機至上、最小、最軽量。

【Amazon.co.jp】でゲームボーイミクロを検索

【楽天市場】でゲームボーイミクロを検索

現在、新品が定価の半額以下で販売中、非常に魅力的な価格です。ゲームボーイミクロが受けなかった理由に、価格の高さもあったでしょうからね…


ファミコンミニスーパーマリオブラザーズ(Amazon.co.jp) オススメ


上海問屋 Donya microSDカード 2GB(Amazon.co.jp) オススメ
2GBで1,000円を切る、人気の上海問屋ブランドMicroSDカード。相性交換、5年間保証付き。


★関連記事

今だから欲しい『未来型携帯ゲーム機』の姿
任天堂、隠し玉が出るか?【E3 2008を妄想する・前編】
DSが飽きられている?【DS中古ソフトの価格急下落は何を意味するのか】
社長のおことばから見る今後の任天堂【Wiiはあきれらる】
GBA2が出てDSの時代が終わる?【任天堂DSの噂】

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/99650736
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。