2008年02月18日


東芝HD DVD完全撤退の報道に「決定事項ではない」

次世代DVD闘争が続いていますが、流れはBlu-rayに傾いています。そんな中報じられた「東芝HD DVD完全撤退」の報道。ところが、東芝はこれについて決定した事実はないと言う。うーん、実のところどっち?


VHSとベータの闘い再びと言った感じですが、案外早く決着が付くのかもしれません。東芝が率いるHD DVDを完全撤退するとの報道がなされたからです。

しかし、その報道に対して東芝は「決定事項ではない」とコメント。ただし、東芝は同社HD DVD搭載DVDレコーダー「VARDIA」の生産を終了させたもようで、在庫限りの販売でHD DVD製品は終了してしまう模様です。

この事からも、報道が先行する事で、現在の在庫が不良在庫になってしまう事をさけるためのコメントだったと考えて良さそうです。

すごろーは、根っからの東芝派。っていうか、一度東芝のレコーダーを使ったら、他のメーカーのは使えません(笑) 東芝の前には某社製の物を使ってましたが、全然ダメでした(^^; そして今、東芝機はデータ修復のため修理中ですが、その間に貸していただいたまた別の某社の代替機では満足できません(笑)

でも、ハイビジョンにアップグレードしちゃったので、今後修理終了して戻ってきても、なんか不満が出そう。そこで、今年の年末までには、ハイビジョンのVARDIAに買い換えようと思っていたところです。ただ、HD DVDが劣勢な事もわかっていたので、東芝製Blu-ray搭載機種の登場を待っていたのも事実です。

HD DVDとBlu-rayのハイブリッド機種と言う夢もありましたが、どうやら、今後はBlu-ray一本になり、東芝からもBlu-ray搭載レコーダーが登場すると見て良さそうです。

本当はHD DVDの方が性能が良かったみたいだけに、ちょっと残念ですけどね。


【広告】 『HD DVD VARDIA』を狙っていた方、在庫処分をお見逃しなく…

『VARDIA』を検索 【楽天】


★関連記事
地デジが変わる!「ダビング10」は2008年6月頃開始
まるごと録りだめた番組の再生ができません【3年目の東芝RD】
DVD-Rにもハイビジョン録画。東芝「新VARDIA RD-A301」登場

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのトラックバック
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。