2008年02月17日


「無人の部屋から人の声が…」真冬の怪現象の謎

7インチ液晶ディスプレイ内蔵 すごろーPC

本当に起こった話です。昨日の夜眠っていたら、無人のはずの隣の部屋から人の声が… その声はとぎれとぎれで、10分ほど続きました。おばけ? いやいや、こんな科学全盛の時代にそんな…。とかいいながら怖くてその場で確かめにいけなかったすごろーですが(^^; 原因を推理してみます。


 
  夜中、突然の人の声で目をさましました。

寝ているすごろーも、さすがにビックリして目を覚ましてしまいました(^^; 声が聞こえると言っても、まず、その部屋は間違いなく無人だったと言う事。ですので、生きている人の声ではありません。 ← …生きているって(^^;;;;;(笑)

それは、非常にとぎれとぎれの声で、1秒未満をぶつぶつと繰り返す。そのため、何をしゃべっているのかは全く判別できませんでした。ただ、生の声と言うよりは、電気的なスピーカーなどから発せられる音のようにも感じました。

そこで、この部屋にある音が出そうな機械を疑ってみます。まず、一番疑われそうな存在がテレビ。でも、テレビは切ってありました。ところが、ひとつだけ音の出る機械を切り忘れていたんです。


  犯人はコレ?




エレコムの木のスピーカーです。非常にコンパクト、安価ながら、聞きやすくバランスの良い暖かい音が出ます。見た目もかわいくてお気に入りです。でも、スピーカーですから、単体で音がでるわけはありません。そして、ここにつながっていた機械は、このブログでも何度か紹介している「すごろーの自作パソコン」。

7インチ液晶ディスプレイ内蔵 すごろーPC

この自作パソコンの背面のスピーカーアウト端子に、このエレコムのスピーカーを接続していました。ですが、このパソコンはもちろんシャットダウンしていましたし、裏側の物理的な主電源さえ切っている状態でした。


  パソコンの誤動作!?

最近のパソコンは、OSを終了して電源が切れているように見えても、内部でマザーボードやUSB機器などに電源が供給され、いくつかの動作をしている場合がありますが、主電源を切っているので、そういった機器が誤動作していた可能性はゼロです。

ただし、このパソコンのラインイン端子(録音入力用)には、別の音が出る機器を接続していました。

TWINBIRD 防水ワイヤレスモニター LINK ZABADY VW-J707

離れた場所でも、録画済の番組やリアルタイム番組の視聴ができる防水モニター「LINK ZABADY」の無線送信機の入力1スルー出力端子です。

無線送信機の入力1には、HDDレコーダーが接続されています。HDDレコーダーの電源はその時オンでしたが、LINK ZABADYの送信機は電源オフでした。ただし、この送信機は電源オフの時でも入力1をスルー出力します。なので、この時、HDDレコーダーの音声が、パソコンに入力されていた可能性は高いわけです。


  それでも残る謎…

ただ、やはり不思議なのは、パソコンの電源は入っていなかった事。なおかつ、主電源までオフ…。この状態でなぜスピーカーから音が出たのでしょうか?しかも、はっきりテレビの音が出たわけではなく、とぎれとぎれに…。

また、ずっと聞こえていたわけでもなく、10分程度で収まったのも不可解です。LINK ZABADYの送信機に異常が起き、一時的に過大な入力になったため、スピーカーアウトに電気信号がもれてしまった、そう考えるより他に思いつきません…。

大地震の前触れでは、地下から発生する電磁波の影響で電子機器が誤動作するとも言われています。今回の事件「おばけ」の仕業じゃないにしろ、ちょっと気持ち悪い出来事でした(^^;

…今日はスピーカーの電源切って寝よう(><)(笑)


【広告】 …犯人はどれだと思う?(笑)

TWINBIRD 防水ワイヤレスモニター LINK ZABADY VW-J707
TWINBIRD LINK ZABADY


ELECOM MS-75CH チェリーウッド
ELECOM MS-75MA メイプル


★関連記事
お風呂でも使える便利なテレビ・購入レビュー【TWINBIRD LINK ZABADY VW-J707】
DSがもっと楽しくなるアイテム【スピーカー編】
自作パソコンの最新記事を検索

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのトラックバック
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。