2008年01月08日


カシオのデジカメ「Exilim Hi-ZOOM EX-V8BK(ブラック)」フォトレビュー



カシオのデジタルカメラ「Exilim Hi-ZOOM EX-V8」は、光学7倍ズームを備えた、810万画素のコンパクトデジタルカメラです。今回は、その新色「ブラック」を詳細な写真とともにご紹介します。(※画像はクリックで拡大します)


 
  パッケージ内容と謎の注意書き

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8 CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
赤と黒が印象的なパッケージ。中身は本体のほか、非常に分厚い説明書、CD−ROM、クレードル、各種ケーブルなどが入っています。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
取り扱い上のご注意って、何かと思ったら。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8 CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
いや、レンズ飛び出さないのが売りなんですってば(笑) なんで、この紙入れたんだろう?(^^;


  シンプルでかっこいいデザイン

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
じゃ〜ん、高級感のあるボディ。色はブラックですが、ご覧の通り、若干赤みがかっています。みようによってはダークブラウンに見えないこともないです。お店で見た下位機種のEX-V7のブラックとは少し色味が違うのかもしれません。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
正面から見たところ。本体部分はつや消し加工、上やまわりの金属っぽい部分は重厚な光沢があり非常に奇麗です。多分クロムメッキかな?。ふたの部分は、光沢プラスチックだったEX-V7と違い、EX-V8ではヘアライン加工されています。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
厚みも薄く、斜めから見ても非常にスマートなデザインです。胸ポケットにもすっぽり収まります。電源オフからの起動も0.8秒、ピント合わせも1秒もかからず本当に早いので、不意に現れるUFOなど、撮りたい瞬間を逃さなくて済みそう(笑)

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
レンズカバーを開けたところ。レンズカバーを開けると0.8秒ですぐに撮影可能になります。しかも、7倍までズームをしても、レンズは全く飛び出さない! 被写体に対してプレッシャーを与えないので、自然な写真が録りやすそう。


  操作性を兼ねなえた背面パネルデザイン

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
裏面には操作ボタン類が並びます。液晶は明るい屋外でも見やすい高輝度・高解像度な2.5インチ。(※写真は液晶保護フィルムを貼っている状態です)

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
モードダイヤル、方向ボタン、セットボタン、再生ボタンとメニューボタン。操作は非常にシンプルで軽快です。ズームはスライドレバーになっていて、2段階の速度で倍率調整ができます。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
本体が非常に小さく軽いため、ホールド感はそこそこです。光学手ぶれ補正もありますが、しっかりかまえるには、両手で撮影する方が良さそうです。


  シンプルな端子・スロット群

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
左側面には、ストラップ取り付け口と、バッテリー&メモリーカードスロットがあります。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
メモリーカードはSDカード(SDHCにも対応)と、マルチメディアカードが利用できます。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
本体下側には三脚ホルダーと、拡張端子が。拡張端子は、付属のクレードルにつながります。


  やわだけど、かなり便利なクレードル

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
クレードルは、ぴっかぴっかで奇麗なのですが、ほこりを取ろうと思い液晶クリーニングクロスで拭いたところ、傷だらけに(^^; びっくりして指でも軽くこすってみたのですが、指でさえ傷が(><) どうやら、ものすごく柔らかい素材のようで(汗)

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
クレードルにセットしたところ。クレードルにセットしただけで充電が行え、USBボタンを押すとパソコンにつながり、画像の転送も簡単に行えるので非常に便利です。PHOTOボタンを押せばスライドショーが始まり、AVアウトからテレビにつないで大画面で観賞する事もできます。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
クレードル後ろ側の端子部分。ACアダプタを本体に直挿しできないのと、ACアダプタから直接電源を録りながら起動ができないのがちょっと残念。まあ、普通はあまり困ることはないと思いますけども。

CASIO Exilim Hi-ZOOM EX-V8
ACアダプタは、コンセントに直接挿すタイプではなく、ここからさらに電源ケーブルをつなぐタイプです。なので、コンセント付近で邪魔になりません。


  EX-V8の良さは、もちろん、デザインだけじゃない

という訳で、EX-V8のデザインを中心としてご紹介いたしました。個人的には赤みがかかっているより、もっと真っ黒の方が良かったですが、ダークブラウンだーと思うと、それはそれでかっこいいです(笑)

デザイン的な満足ももちろんありますが、ちょっと使ってみた感想としては、すごい…の一言。思ってた以上にいい事尽くめだったのです(><)

起動の速さやピント合わせの速さの他、今回の記事のようなブログ用の画像作成にもかなり便利な機能が満載(今回の記事はもちろん別のカメラを使ってますが^^;)。クレードルに乗せるだけで転送も充電も行えるので、これまでに比べブログの写真撮影が相当スピードアップしそうです(^^)

という訳で、気になる画質や詳しい機能などについては次回ご紹介したいと思います。季節外れですが、防水ケースも買ってありますので、そちらのご紹介も…(笑)


【広告】 「CASIO Exilim EX-V8」お安くなりました


カシオデジタルカメラ EXILIM Hi-ZOOM EX-V8BK
いよいよ3万円切ってます。


EXILIM Hi-ZOOM シルバー EX-V8SR
シルバーもありますよ〜。


★関連記事
最新デジカメ買ってきた(><)/ 【光学7倍ズーム・カシオExilim EX-V8 ブラック】
光学7倍ズームコンパクトデジカメ「カシオ EXILIM EX-V8 ブラック」が新発売

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/77087421
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。