2007年07月14日


コピーワンス見直し案【コピー9回可能へ】



iPodや、ネットワークウォークマン、携帯電話などの携帯プレイヤー機器を使い、家で録画した番組を持ち出して、出勤、通学時などに視聴したい、あるいはすでに視聴しているユーザーも多いと思います。でも、ネックになっているのが「コピーワンス」…。今回、その見直し案が提案されたようです。


 
  テレビは誰のもの?

どうもー。テレビっ子世代のすごろーです(^^; 皆さんはデジタル放送のコピー制限「コピーワンス」をご存知ですか? 現行デジタル放送のコピーワンス制限では、携帯プレイヤーなどへ録画した番組の転送が全く出来ないか、出来たとしても元の番組ファイルが消えてしまい、非常に不便です。

また、保存しておきたい番組があっても、著作権保護に対応した値段の高いメディアを使わないといけないし、万が一メディアへの書き込みに失敗すると、全て消えてなくなってしまいます…。

なので、すごろーも録画した番組を保存する時は、わざわざアナログ放送を録画してますよ(^^; 他にも、東芝のRDを使って主題歌部分を切り出して、お歌集にしたり、パソコンに転送して壁紙を切り出したりとか楽しんでますけど、その楽しみって、アナログ放送じゃないとできないです…


 「東芝 RDシリーズ」 (Amazon.co.jp)

★ 
すごろーが使っている東芝のHDD/DVDレコーダー「RDシリーズ」。パソコンとの接続が可能で、フリーソフトのVirtualRDなどを使えば、録画した番組をパソコンにコピーして、携帯プレイヤーに転送したり、壁紙を切り出したりできるんです。でも、アナログ放送のみね…(+_+)
 
 
 「ソニー ウォークマン Aシリーズ」 (Amazon.co.jp)

★ 
液晶が綺麗で高画質な動画もたくさん入る、ソニーの動画対応ウォークマン「Aシリーズ」。録画した番組を変換して、好きな場所に持ち出せる。高音質イヤフォンと抜群の操作性で、音楽好きにも、もちろんおすすめ。


  コピーワンスって、コピーできてないじゃん(><)

元々「コピーワンス」の意味は、「1回コピー可能」と思うのですが、実際その一回は、放送を録画した時点で終わり。つまり、実際はコピーなんて1回もできないのです…。

今回提案されたのは、このコピーワンスを見直し、コピーを9回まで可能にしようと言うもの。でも、映画会社や放送会社などのメディア業界は一部大反対を(^^;;;

メディア業界にとって、この事が死活問題なのは理解できるけど、視聴者あってのメディア業界だって事を忘れないで欲しいですよね。視聴者を大事にしないで、お金儲けばかり考えていては、良い物が提供できないと思うです(><)


  海賊版は誰でも作ってる!?

「海賊版は一部の業者だけではなく、今は誰でも作れるんだ」と、主張している団体もあるみたいですけど、海賊版を作る個人こそ一部の人だと思いますけどね〜(^^;

それに、そこは法律で保護するべきであって、本来の消費者、つまりお金を払って見ている「お客様」の都合を無視した、業界の動きって、どうなんだろうと思ってしまいます…。(地上デジタル番組などはスポンサーがあり無料ですが、それでもメディアなどの私的録音録画保証金を消費者が払っているのが現状)

結局、いくらコピー保護を強化したところで、いたちごっこの歴史がありますしね〜。

もうすぐ、アナログ放送終了で、デジタル放送だけになりますよね…。それまでには、今回の案のように、もう少し規制の緩和が進むといいなぁ…。


関連記事(インプレスAV Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20070712/soumu.htm

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/47830663

コピーワンスはコピーナインスに
Excerpt: ということでコピーワンスの緩和について、少し前に総務省が出した妥協案「コピーは
Weblog: Unlimited Blog Works
Tracked: 2007-07-17 02:40

デジタル放送不人気でコピー緩和だが [ブログ時評81]
Excerpt:  2011年のアナログ放送廃止が決まっているのに、地上波デジタル放送の不人気ぶりは隠せない。総務相の諮問機関、情報通信審議会の下部組織は7月、デジタル放送から録画したビデオは1回しか複製を許さないコピ..
Weblog: ブログ時評
Tracked: 2007-07-18 12:26
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。