2008年06月29日


気になるWiiウェアの現状

任天堂のWiiの新作ソフトが低価格でダウンロード購入できる『Wiiウェア』。今年3月の開始以来、じょじょに数を増やして、現在18本が配信されています。でも、盛り上がっているのか、盛り上がってないのか、いまいちつかみにくい状態ですが…


 
  ただいまの売れ線は?

WiiのWiiショッピングチャンネルによりますと、現在Wiiウェアの人気トップは『TVショーキング』。1000Wiiポイントと低額ながら、テレビ番組風に楽しめるクイズゲームです。なんか、人気が出るのはわかる気がしますが(^^;

第2位は『みんなのポケモン牧場』。相変わらずポケモンは人気ですね〜。新作映画も公開寸前だからでしょうか。第3位には、今月24日に配信開始された『ブルーオアシス』が入ってきました。Wiiでお魚が飼えるいやし系ソフトです。毎日世話をするのが大変な気もしますが、500円相当という安さもあってか、それなりの人気が出ているようです。

4位は『役満Wii 井出洋介の健康麻将』が。ネット対戦も楽しめて1000円相当ですから、これもお買い得なソフトでしょう。5位は『おうちで∞プチプチWii』。思ったよりも売れているようで(笑)

『小さな王様と約束の国は ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル』は、現在6位と、順位を下げ始めています。それから、今月24日配信開始したばかりの『最強銀星囲碁』は14位と伸び悩んでいます…。囲碁はおもしろいけど、遊ぶ人を選んじゃうでしょうからねぇ。500円相当でお安いんですが、ネット対戦できればもっと売れたと思いますけどね。

そして最下位争いをしているのが『LONPOS』と『サクサクアニマルパニック』。KONAMIさんは、これだと次のWiiウェアを作らないんじゃないかと心配です(^^;


  ハドソンウェアじゃない…?

それよりも気になるのは任天堂の動向? 何かこう、ビッグタイトルを出して、Wiiウェアを盛り上げようとか、そういう予定ってないんでしょうかねぇ? 今の状態を見てると、Wiiウェアという場を用意してやったから、みんな自由に作ってよ、って感じでなんか他人任せ…

しかも、普通なら発売開始の一番最初やそれから数ヶ月ぐらいは、次々とビッグタイトルを発売して盛り上げる、そういったのが道筋と思うのですが、何か任天堂のやる気が感じられない(苦笑)。いや、実はまじでとんでもない赤字 を出してるとか?(^^;;;

それに比べ、開始と同時配信だった『スターソルジャーR』に、今回追加の『ブルーオアシス』、今後も『テトリス』や『JOYSOUND Wii』『ボンバーマン』『エイリアンクラッシュ』などを配信予定のハドソンさんは非常にがんばってますけど、でもね、

このまま『Wiiウェア消滅』、なんてことないですよね…?(苦笑)

【広告】 WiiでWiiウェアを楽しもう!


無線LANアクセスポイント「Wi-Fi Gamers」 WCA-G
人気のバッファロー製「ゲーム機専用アクセスポイント」。AOSS対応なので、本体のボタンひとつ押すだけで接続完了。これ一台あれば、WiiもDSも同時にインターネット(Wi-Fiコネクション)に接続できます。(※インターネット接続環境と、ルータ内蔵モデムが必要です)

AOSS対応機器で、WiiやDSをネットにつなぐ詳しいレビューはこちら


★関連記事
 
Wiiのゲームソフト、体験版がないのはなぜだろう?
 任天堂、隠し玉が出るか?【E3 2008を妄想する・前編】
 任天堂から『健康麻将(マージャン)』Wiiウェアで発売?
 「人気ソフト」ランキングから見る、Wiiウェアの行方…

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/101795700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。