2008年06月11日


ソニーPS3、1万個から作られた?核兵器用…?『世界最速コンピューター』

ワシントン、エネルギー省がIBMと共同開発したと言うスーパーコンピューター。その中身にはなぜかゲーム機である「ソニー PlayStation3(PS3)」用のCPUを1万2960個使っていると言う。その性能と目的とは…?


スーパーコンピューターの名前は「Roadrunner」。金塊集めますか…? メモリは80テラバイト。演算速度は1ペタFLOPSだそうで。よくわかりませんが。

世界中の人が一人一台のパソコンを持ち寄って、60億台のパソコンでいっせいに計算させたとしても46年間かかる計算が1日で終わるそうです。…もう、なんだか(笑)

設置面積は557平方メートル。重さは227トン。何か、これ聞いてると世界初のコンピューター「ENIAC」とか思い出した。でも、当時としては巨大だったあのコンピューターも、今では、米粒大のコンピューターの方が何倍も、何百倍も速いんですよね…。

うーん、このニュース、すげーのはこのスーパーコンピューター?、それともPS3?どっちだろう(笑)

ちなみに核兵器の保守用だそうで…(><)

ゲーム機で核兵器操る時代か、こえーよ(泣)


【広告】 誰か1万個買ってみる?


PLAYSTATION 3(40GB) クリアブラック
PLAYSTATION 3(40GB) セラミック・ホワイト
PLAYSTATION 3(40GB) サテン・シルバー
『PS3』販売店、価格順の検索はこちらから
PlayStation3も、随分お求め安くなりました。「高性能」を考えれば決して高くはない、いやむしろ安いかも。


★関連記事
マルチコアCPUの進化で、現実と区別がつかないほどリアルなゲームが?
「ソニー決算」PS3やPSP好調で大幅増益、それでも「1245億円の赤字」…
ドスパラが『1,339,800円のデスクトップパソコン』を発売、って(オイ)(笑)

★ご意見、感想や質問などはこちら
お名前:  

この記事へのトラックバック
120×60

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。